【テレビドラマ】「Xファイル」シリーズレビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は2分で読めます

年をまたいで久しぶりの投稿です。
こんなに時間が空いてしまった理由の一つは正に今回紹介する「Xファイル」です。(理由は他にもありますが…)
「Xファイル2018」を観たいが為に最初から観てやろうと思ったのが失敗で、観だしたら止まらなくなりました。
シーズン9までと2016のシリーズまでガッツリ鑑賞したので、感想などまとめてみようと思います。


スポンサードリンク

「Xファイル」シリーズレビュー!

監督:ロブ・ボウマン他
脚本:クリス・カーター他
放送期間:1993年〜2016年
出演者:デイヴィッド・ドゥカヴニー/ジリアン・アンダーソン他

あらすじ

FBIの中で超常現象などが関わる難事件を専門に操作するXファイル課の担当者「フォックス・モルダー」は組織内でも「変人」扱いされていた。
そのモルダーの監視役とし上司から命令されXファイル課に新たに配属された「ダナ・スカリー」は超常現象などには否定的であったが、モルダーと捜査を進めていくうちに次々と奇妙な事件を目の当たりにするのだった…

感想

日本に海外ドラマブームをもたらしたのはこのドラマからと言っても過言はないでしょう!

この頃日本でもUFOの話題が多かったし、テレビで特番なんかもやってましたね。
僕が昔観てた頃はまだVHSでしたねー。

作中の携帯電話など時代は感じますが、今観てもかなり面白いです。

元々不思議な現象の興味があるからでしょうが、ひたすらワクワクするドラマです。

デヴィッド・ドゥカヴニー演じるモルダーの鋭すぎる洞察力とユーモアたっぷりのキャラクターが大好きで、本当に観だしたら止まりません!
中でもたまーにお笑い回?的な話が出てくるんですが、それがまた僕のツボでチョー笑わせて頂きました。

スカリーを演じているジリアン・アンダーソンも回を追うごとに痩せていき、2016と初めの頃を見比べると別人です。
2016の彼女は、ぱっと見ジュリアン・ムーア見たいだなと思うのは僕だけでしょうか?

色々調べてみて知ったのですが、デヴィッドは超常現象に対して否定的で、ジリアンの方が肯定的だというドラマとは真逆の事実に驚きました。
でもこの2人のコンビは最高ですね。

途中色々あってモルダーが居なくなるんですが、代わりに「ターミネーター2」でT-1000を演じているロバート・パトリックが出演しています。

彼の堅物具合も好きですが、やはりモルダー不在のXファイルはちょっと寂しかったですね。

他にも有名俳優さん達がゲスト出演してる回もあるので、発見してみて下さい。

注意して頂きたいのは、シーズン5と6の間に劇場版「Xファイル ザ・ムービー」があります。
これを見逃すと後々「???」と思うような場面もあるので見逃さないようにして下さい。

そしてシーズン9が終わったあとに「X-ファイル:真実を求めて」が公開されています。
この映画も当然超常現象が登場しますが、それ以上に僕にはモルダーとスカリーの内面を掘り下げているような印象を受けました。

そしてそして、シーズン10となる「X-ファイル 2016」は個人的に昔からのファンに向けて小ネタが満載になっているような気がする作品ですね。
モルダーの携帯着信音が最高です!

他にも色々書きたい事もあるんですが、恐ろしく長くなりそうなので、また機会があれば書こうかなと思っております。
とても長い作品ですが、不思議な現象に興味がある方やサスペンス要素も含まれているので気になった方は観てみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

蛇足
実はこんなに期間が空いたのは、ワードプレスが新しいバージョンになって投稿の仕方が分からなくなっていたんです。
しかもちょっと調べて面倒くさそうだったのでしばらく放置していました…

やっと重い腰を上てちゃんと調べたら10分で解決したというお粗末ぶりです。

仕事も忙しいので以前より映画を観る機会が少なくなっていますが、ぼちぼち投稿していこうと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 3月28日
    トラックバック:オメガ オーバーホール 価格
  2. 2019年 3月28日
    トラックバック:オメガバース ヒート
  3. 2019年 3月30日
    トラックバック:オメガルビー ジラーチ
  4. 2019年 4月1日

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事