ジョジョの奇妙な冒険の元ネタ洋楽集!【第1部、ファントム・ブラッド編】

マンガ・アニメ

少年ジャンプで1987年から連載が開始された「ジョジョの奇妙な冒険」独特の世界観で多くのコアなファンがいるマンガですね。

僕もその1人です。

見始めたのは第3部からですが、それから全巻持っています。

このマンガはキャラクターや能力に海外のバンドなどが使われているのも有名ですよね。

僕自身もジョジョの元ネタになっている洋楽からファンになったバンドもあります。

今回はそのジョジョの元ネタ洋楽をまとめてみようと思います。

恐ろしく長くなりそうなので各部ごとにまとめていきます。

それではいってみましょう!


スポンサードリンク

ジョジョの奇妙な冒険 元ネタ洋楽集!【第1部編】

ジョナサン・ジョースター


第1部の主人公で、肉体的・精神的にも非常にタフな人物ですね。

元ネタは、連載前に作者の荒木飛呂彦さんが打ち合わせをしていたファミレス「ジョナサン」から来ていると言われていたが、実はデニーズで打ち合わせをしていて、名前を覚えてもらう為にそう言っていたようです。

バンドとしては「ザ・ビートルズ」の「Get Back」だという噂。この曲で頻繁に出て来るjojoはジョン・レノンのことらしいですね。

The Beatles – Get Back (HQ Sound)

ジョージ・ジョースター


ジョナサンのお父さんでこれまた紳士。

しかし、ジョナサンをかばってディオに殺されてしまいます。

元ネタは、同じく「ザ・ビートルズ」のメンバー「ジョージ・ハリスン」という噂です。

ディオ・ブランドー


ジョナサンとは義兄弟でこの先ほぼ全ての部で関わりが出て来る重要人物です。

元ネタは、アメリカのヘヴィメタル・ロックミュージシャンの「ロニー・ジェイムス・ディオ」です。ブラック・サバスなどに在籍していたボーカリストですね。

後に「DIO」というバンドを結成しますがこれは第3部のDIOの元ネタです。

Stand Up And Shout – Dio

ダニー


ジョナサンの愛犬ですが、ディオによって殺されてしまいました。

元ネタは、イギリスのロックバンド「ダニー・ウィルソン」です。

Danny Wilson – Mary's Prayer

ロバート・E・O・スピードワゴン


ジョナサンの相棒としていろんな場面で解説をしてくれる情報通です。
後に財団を作りジョースター家をサポートして行きます。

元ネタは、アメリカのロックバン「REO スピードワゴン」です。

涙のフィーリング  REO スピードワゴン

ウィル・A・ツェペリ


ジョナサンの波紋の師匠でメッチャ強い波紋使い。
残念ながら非情な最後遂げてジョナサンに力を託します。

元ネタは、イギリスのロックバンド「レッド・ツェッペリン」です。

移民の歌  レッド・ツェッペリン

エリナ


ジョナサンの幼なじみで後に奥さんとなる人。
第2部にも登場しますが、気丈で芯の強い女性です。

元ネタは、「ザ・ビートルズ」の「エリナー・リグビー」という曲です。

The Beatles – Eleanor Rigby (From "Yellow Submarine")

ポコ


ひょんな事からジョナサン達と行動を共にする事になった、とても勇気がある少年。
元ネタは、アメリカのカントリーバンド「Poco」

Poco – Call It Love

トンペティ


ジョナサンの師匠ツェッペリのそのまた師匠。

ジョナサン達と一緒にディオと戦いました。

元ネタは、アメリカのロックミュージシャン「トム・ペティ」です。

TOM PETTY – Free Fallin

ダイアー、ストレイツォ


2人共トンペティの弟子で凄腕の波紋使い。

ダイアーはディオに敗れてしまいますが、ストレイツォは第2部にも登場しますよ。

2人の元ネタは、イギリスのロックバンド「ダイアー・ストレイツ」です。

Dire Straits – Sultans Of Swing (Alchemy Live)

ワンチェン


ディオの右腕?として使えていた吸血鬼。

狡猾ですばしっこいイメージです。

元ネタは、イギリスのポップバンド「ワン・チャン」

Wang Chung – Everybody Have Fun Tonight (Official Video)

ブラフォード


ジョナサンと戦った騎士道溢れる戦士ですね。

元ネタはイギリスのロック、ジャズなどのドラマー「ビル・ブラフォード」キングクリムゾンなどの有名バンドで演奏してた方です。

動画は彼のドラムソロです。

Bill Bruford solo 1982

タルカス


ブラフォードと一緒に蘇った戦士。

強くて非情な奴ですね。

元ネタは、イギリスのロックバンド「エマーソン・レイク・アンド・パーマー」のアルバム「タルカス」

Emerson, Lake & Palmer – Tarkus

吸血鬼4人衆


ペイジ、ジョーンズ、プラント、ボーンナムの4人、一瞬しか出てこない彼らにも元ネタはあります。

元ネタは、「レッド・ ツェッペリン」のメンバーの名前です。

怪人ドゥービー


体の中に蛇を飼っている恐ろしい人。
ジョナサンによって敗れています。
元ネタは、アメリカのロックバンド「ドゥービー・ブラザーズ」

この曲メッチャ好きなんですけど、キャラとのギャップが…

ロング・トレイン・ランニン  ドゥービー・ブラザーズ

スティックス神父


第一部のラストでちょこっと出てくるキャラです。
こんな人にまで元ネタがあるなんて…

元ネタは、アメリカのロックバンド「スティックス」です。

ベイブ  スティクス

農夫ジェフ・バック


終盤名前のみ登場するキャラですね。

元ネタはイングランドのギタリスト「ジェフ・ベック」です。

ジェフ・ベック 「レッド・ブーツ」

漁師ダン・ハマー


こちらも名前のみの登場です。

元ネタはチェコスロバキアのピアノ・キーボード奏者「ヤン・ハマー」です。

jan hammer ヤン・ハマー – miami vice マイアミ・バイス theme 1985 VHS edition! [ VAPORWAVE ]

以上、ジョジョ第1部のキャラの元ネタをまとめてみました。

以外と元ネタがあるキャラが多いのにビックリですね(ファンなのに知らなかった…)

次回は第2部をまとめてみたいと思います。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    ジェフ・ベックは?

    • movio より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。
      ジェフ・ベックは知らなかったので調べてみました。
      名前だけ登場してますね。
      追記しておきます。
      ご指摘ありがとうございました。