自然って本当に怖い!と思う映画を集めてみました!

いろんな視点からの映画紹介

全ての生き物に大いなる恵を与えている自然ですが、その大きなエネルギーは時として怖い存在になります。

そんな映画も結構ありますよね。

今回はそんな怖い自然を描いている映画を集めてみました。

作品名から各紹介ページに行けます。

それではいってみましょう!


スポンサードリンク

自然は怖い!と思う映画!

ボルケーノ


1997年公開
ロサンゼルスの街中で火山が噴火してしまう映画です。
溶岩とかマジで怖いですわ。

パーフェクト・ストーム


2000年公開
アメリカ沖で発生した超大型の嵐のお話です。

ポセイドン


2006年公開
突然の高波で転覆してしまった豪華客船から脱出するお話。
デカイ豪華客船をもひっくり返してしまう波って…

サンクタム


2011年公開
前人未到の洞窟の中で閉じ込められた探検家達が地上に戻るため決死の覚悟で脱出を図る。

ザ・グレイ


2012年公開
極寒の地で墜落した飛行機で生き残った男たちが生き延びる為に大自然の中で奮闘する映画です。

インポッシブル


2012年公開
2004年に起きたスマトラ島沖地震で実際にあった実話を基にした映画です。
本当の恐ろしいですね。

追憶の森


2016年公開
自殺しようと富士の樹海を訪れたアメリカ人が偶然遭難した日本人に会い一緒に迷ってしまう映画です。
本当に方向が分からなくなるんでしょうか?確かめたく無いですが…

ジャングル ギンズバーグ19日間の軌跡


2017年公開
ジャングルの中たった一人で遭難してしまう話です。
広大なジャングルの中で人間なんてちっぽけなんでしょうね。

残された者-北の極地-


2018年公開
飛行機が北極に墜落して一人で救助を待つ男のお話です。
緊張感がある作品ですね。


以上、自然は怖いという感じる映画をまとめてみました。

災害などはいろいろと対策をしていますが、とてつもなく大きな存在なので、どうしようもない時もあります。

結局、上手に付き合っていくしか無いような気もしますね。

これからもこういう映画を観たら追記していきます。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

コメント