【映画】「ウインド・リバー」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は1分で読めます

今回は、サスペンス映画「ウインド・リバー」です。

サスペンス映画としては面白かったんですが、実話に基づいているという事で色々考えてしまいました。


スポンサードリンク

「ウインド・リバー」レビュー!

監督:テイラー・シェリンダ
脚本:テイラー・シェリンダ
公開:2017年
出演者:ジェレミー・レナー/エリザベス・オルセン

あらすじ

アメリカ ワイオミング州で野生生物局として働いている「コリー・ランバード」はある日雪山で女性の遺体を発見した。

殺人事件として捜査に派遣されたFBI捜査官「ジェーン・バナー」は土地勘も無くコリーに捜査協力を願い出る。

2人は捜査を開始するのだが…

感想

アベンジャーズでも共演していた2人の出演作品という事なので、楽しみにして鑑賞してみましたが、途中からそんな事は忘れてしまってストーリーに引き込まれていました。

胸くそ悪くなるような事件と、ネイティブアメリカンの置かれた状況にいろいろと考えさせられました。

少しだけ調べてみましたが、アメリカ先住民であるインディアンと移住者であるアメリカ人の関係はかなり複雑です。

ジェレミー演じる「コリー」の状況も娘を持つ親としては気持ちを察して、ラストも目頭が熱くなってしまいました。

こんな事が起きない世の中になってもらいたいですけど、人間の欲というものは怖いですね。

ドラマ「ウォーキングデッド」にも出演していたジョン・バーンサルも少し出演していますよ。

気になった方は観てみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事