【映画】「ファースト・キル」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は1分で読めます

今回は、サスペンス映画「ファースト・キル」です。
ブルース・ウィリスとヘイデン・クリステンセン共演の作品です。
内容はまあまあでしたね。


スポンサードリンク

「ファースト・キル」レビュー!

監督:スティーブン・C・ミラー
脚本:ニック・ゴードン
公開:2017年
出演者:ヘイデン・クリステンセン/ブルース・ウィリス

あらすじ

都会の大手企業で働く「ウィル」は息子の「ダニー」が学校でいじめられている事を知り生まれ故郷へ家族で出掛ける事にした。

故郷では銀行強盗が発生しており、警察は大掛かりな捜査中だった。

次の日ウィルは息子と一緒に森に狩に出かけたが、そこで2人の男が口論し発砲するところに遭遇する。

物音で気付かれ、ウィル親子へと発泡して来た男をウィルが猟銃で男を殺害してしまう。

しかし、その男は警察官だった…

感想

珍しい共演作品なので鑑賞してみました。

なかなか面白い展開でしたが、オチが割と早い段階で僕は分かってしまったので、まあこんな感じかと思ってしまいました。

ブルースが演じる役が割と珍しい感じの役柄だったのでそれが見所でしょうか?

他にあんま書くことがないので、気になった方は観てみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事