【映画】「マイ・ボディガード」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は1分で読めます

今回は、デンゼル・ワシントン主演の「マイ・ボディガード」です。

カッコいいけど、かなり切ない映画ですね。


スポンサードリンク

「マイ・ボディガード」レビュー!

監督:トニー・スコット
脚本:ブライアン・ヘルゲランド
公開:2004年
出演者:デンゼル・ワシントン/ダコタ・ファニング/クリストファー・ウォーケン

あらすじ

治安が不安定なメキシコでは誘拐が多発しており、富裕層は当たり前のようにボディガードを雇っていた。

自動車の部品工場を経営する「サミュエル・ラモス」は9歳の娘「ピタ」の為にかつて軍に所属していた「ジョン・クリーシー」を雇う事に。

初めは完全に護衛として仕事をし、コミュニケーションを取ろうしなかったクリーシーだったが、次第にピタと打ち解けて2人の間には絆が生まれていた。

しかしある日、事件は起きてしまう…

感想

フィクションだとしても子供が犠牲になるのは辛いですね。

この映画はフィクションですが、実際にこういう事件は起きていると思うので、いろいろと考えてしまいます。

それにしてもデンゼル・ワシントンはこういう役を演じさせたらピカイチですね。

中盤以降は凄くカッコいいんですよ。

しかしラストは切なすぎる!もっと他に解決策は無いものかと考えてしまいました。

本当にこういうのは映画の中だけにして貰いたいですね。

気になった方は観てみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事