【映画】「ボーダー」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は1分で読めます

今回は、ロバート・デニーロとアル・パチーノ共演の「ボーダー」です。

僕は今回初見なんですけど、なかなかのサスペンス映画でしたね。

[ad#new]
スポンサードリンク

「ボーダー」レビュー!

監督:ジョン・アヴェネット
脚本:ラッセル・ジェウィルス
公開:2008年
出演者:ロバート・デニーロ/アル・パチーノ/カーラ・グギノ/ジョン・レグイザモ

あらすじ

ニューヨーク市警で長年相棒の「ターク」「ルータス」は名コンビで優秀な刑事だった。

ある日、街の悪党が何者かによって殺害されるという事件が発生。

捜査に当たった2人だが、同じ手口でまた事件が起きてしまう。

容疑者が浮上しないまま事件は続いて行くが、警察は内部に犯人がいるのではないか?と疑い始める…

感想

「ヒート」で共演した時は敵同士でしたが、今回は相棒という事で楽しみにして観てみました。

ヒートの時と2人のキャラがあまり変わっていないような気がしたんですが、それは良いとしていいサスペンスで楽しめました。

最初からそれらしい方向で始まっていくんですけど、なかなかのどんでん返しがあります。

まあそのままで終わるはずがないとは思っていましたが、それらしくも思えて来るんですよね、みんな演技上手いなー。

最後は若干予想外だったので、面白かったですね。

評論家からはあまり良い評価ではなかったようですが、僕は楽しめましたよ。

気になった方は観てみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

[ad#new]
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事