【映画】「エスケープ・ルーム」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は1分で読めます

今回は、サスペンス映画「エスケープ・ルーム」です。

レンタルショップのオススメコーナーにあったのでちょっと観てみました。

特に有名な俳優さんが出演してる訳ではないですが、まあまあ面白かったです。


スポンサードリンク

「エスケープ・ルーム」レビュー!

監督:ピーター・デュークス
脚本:ピーター・デュークス
公開:2017年
出演者:スキート・ウールリッチ/ショーン・ヤング/クリスティン・ドンロン

あらすじ

「タイラー」の誕生日に集まった友人6人。

タイラーの恋人である「クリスティン」はサプライズであるゲームを用意しているとレストランを離れどこかへ連れて行かれる事に。

目隠しをされ、連れて行かれた場所はある密室。

最初は単なる脱出ゲームと思い込んでいた彼等だったが、それはミスをすれば死んでしまう恐ろしいゲームだった…

感想

細かいこと言えばいろいろと言いたい事はあるんですが、それなりに面白かったです。

映画に出てくる密室が結構面白そうで、実際にこんなアトラクションがあったら行ってみたいなと思いました。(失敗しても死なない事が前提で)

タイラーがスゲー頭良くて、その天才っぷりにも驚きますよ。

「ソウ」のような感じですが、そこまで痛々しくは無いので僕でも観る事が出来ました。

「ソウ」は刺激が強すぎて僕はかなり苦手なんですよね。

テンポも早いので、飽きずに観ることが出来ます。

サスペンスが好きな方はそれなりに楽しめると思うので、気になった方は観てみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事