【映画】「ジュラシック・ワールド/炎の王国」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は1分で読めます

今回は、「ジュラシックワールド/炎の王国」です。

映画館に観に行きたかったんですけど、観にいけなかったのでレンタルで鑑賞です。

やはり面白かったですね。


スポンサードリンク

「ジュラシック・ワールド/炎の王国」レビュー!

監督:J・A・バヨナ
脚本:デレク・コノリー
公開:2018年
出演者:クリス・プラット/ブライス・ダラス・ハワード

あらすじ

ジュラシック・ワールドの事件から3年後施設があった島は活火山によって残された恐竜達の全滅が危惧されていた。

世間では恐竜を保護すべきか、そうでないかの意見に分かれていたが、政府は民間企業の問題に干渉するべきではないと、保護を見送った。

元ジュラシック・ワールドの管理職「クレア・ディアリング」は恐竜を保護しようと奮闘していたが、経済的な理由で行動を起こせずにいた。

しかし、ジュラシック・パークの創始者「ハモンド」の元ビジネスパートナー「ベンジャミン・ロックウッド」の支援を受け、さらに 元職員である「オーウェン・クレディ」と恐竜達の保護をする為に島へと向かうのだった…

感想

当初僕が予想していた展開とは大きく違っていたので、ビックリしましたね。

映画の映像や迫力はやはり素晴らしく、映画館で観なかった事を深く後悔しました。

今回も人間の欲が原因である事件が起きるんですが、それを阻止するべく
オーウェンがナイスキャラで活躍する訳です。

シリーズ通して言える事ですが、人間の欲というのは本当に恐ろしいもですね。

そしてこの作品ではある恐竜が大活躍します。個人的にも好きな恐竜なので、気持ち良かったですね。

さらに続編もあるそうなので、楽しみですね。

気になった方は観てみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 6月12日
    トラックバック:シャネル時計 激安 6畳
  2. 2019年 6月14日
  3. 2019年 6月18日
    トラックバック:http://yoshi225.com

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事