【映画】「アイ・アム・ナンバー4」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

SF

今回は、SF映画の「アイ・アム・ナンバー4」です。

2回目の鑑賞ですが、まあまあ面白い映画です。


スポンサードリンク

「アイ・アム・ナンバー4」レビュー!

監督:D・J・カルーソー
脚本:マーティ・ノクソン
公開:2011年
出演者:アレックス・ペティファー/ディアナ・アグロン/ティモシー・オリファント/テリーサ・パーマー

あらすじ

高校生の「ジョン」は侵略されたロリアンと呼ばれる惑星から脱出した9人の子供の1人で、護衛の「ヘンリー」と共に正体を隠して暮らしていた。

ある日、ナンバー3が侵略者であるモガドリアンに殺された事を感覚的に察知したジョンはナンバー4である自分が次のターゲットだと気付くのだった…

感想

正体を隠している高校生が、実は凄い力を持っている(というか異星人)というヒーローものにはありがちな設定ですが、個人的には大好物です。

正体バレたくないんだったら学校行かなければいいのいという身もふたもないツッコミは置いといて、単純に楽しめる映画ですね。

結構なハイペースで物語が進んで行くので飽きません。

細かい設定が若干不足してる感がありますが、恐らく続編を見越しての事だと思います。

しかし!続編出るという情報は何もなく恐らくこのまま出ないのではないか?と僕は思っています。

後のストーリーは自分の想像力でカバーしましょう!

まあ、ヒーローものやSF好きな方はそれなりに楽しめるんじゃないでしょうか。

気になった方は観てみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

映画『アイ・アム・ナンバー 4』予告編


スポンサードリンク

コメント