【映画】「インター・ステラー」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は2分で読めます

これぞ、リアルSF映画と思う作品です。

実に興味深いですね、宇宙工学や物理学がてんこ盛りです。

僕のおすすめにランクインしてる映画の1つです。

「インター・ステラー」レビュー

監督:クリストファー・ノーラン
脚本:クリストファー・ノーラン
公開:2014年
出演者:マシュー・マコノヒー/アン・ハサウェイ/ジェシカ・チャスティン / マット・デイモン

あらすじ

近い未来の地球は異常気象や植物の枯死によって滅亡の危機に瀕していた。

元宇宙船のパイロット「クーパー」は食糧不足の為に農家を営んでいた、ある日娘の「マーフィー」が部屋の本棚から本が落ち、幽霊の仕業だと言い出した。

クーパーは「幽霊は非科学的だ、よく観察して記録を取りなさい」と助言をする。

後日、家族で野球を観戦している時に砂嵐が起こり、急いで家に帰る一家。

家に帰るが、マーフィーの部屋の窓が空いており砂が入って来てしまっていた。

急いで窓を閉めるクーパーだったが、砂が異常な落ち方をしており、マーフィーの部屋に重力の異常にがある事に気付く。

しかも、その落ち方が暗号のようにある場所の座標を示していた。

その座標へと向かうクーパー、そこにあったのは解体されたはずのNASAだった。

そこでクーパーは地球の絶望的な未来と人類存続の為のプランを知る。

元パイロットでベテランだったクーパーは宇宙行きを決意し、人類が生存出来る惑星を探す任務に出発する…

感想

僕自身勉強が出来る方では無いですが、宇宙や時間には興味があります。

話は難しいですが、なんとなく分かります。

それもそのはず、この作品は現在解明されている科学的根拠を元に作られたようです。

特に、ブラックホールの映像化もこだわり制作されてるみたいですね。

非常に興味深いですね、重力や時間の関係など凄いなと思います。

2時間半ほどある映画ですが、引き込まれていくので長いとは感じませんでした。

それよりも、ラストの先が気になり続編出て欲しいなと思います。

主演のマシュー・マコノヒー、多分この作品で初めて見たんですが、彼の迫真の演技も見どころです。

自分が実際そこにいるような緊張感が伝わって来ます。

こういう事が近い未来に解明されるかもと思うとワクワクしますね。

気になった方は観てみて下さい。

インター・ステラーの関連グッズをチェック!【楽天市場】

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事