【映画】「アンストッパブル」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

ドラマ

今、このブログをホームページを兼ねるようにと改良しているんですけど、難航しています。
ちょっと行き詰まってしまったので久しぶりに映画を鑑賞しました!

今回は実話から着想を得て作られた映画「アンストッパブル」です。

2回目の鑑賞ですが、やっぱり面白かったです。


スポンサードリンク

「アンストッパブル」レビュー!

監督:トニー・スコット
脚本:マーク・ボンバック
公開:2010年公開
出演者:デンゼル・ワシントン/クリス・パイン

あらすじ

アメリカ、ペンシルベニア州で従業員のミスによりディーゼル機関車777が無人の状態で暴走を初めてしまった。

鉄道会社や警察はあらゆる手段を試すが、列車を止める事が出来なかった。

その頃、偶然同じ本線で列車を運行してたベテラン機関士「フランク・バーンズ」と新人車掌「ウィル・コルソン」は自分達の車両で暴走を止められるかもしれないと777を追跡し始めた…

感想

2001年にアメリカで起きた事故を元に製作されていて、少し調べてみましたが状況としてはほぼ同じだったようですね。

ヒューマンエラーといくつかの不運が重なって起きた事故ですが怖いですね。
そこにたまたま居合わせたおっさん2人が命をかけて列車を止めようとするんです。カッコ良すぎです!

そしてその役がデンゼル・ワシントンという似合いずぎる最高のキャストです。

脱線するかもしれない状況でスリルも味わえる作品です。

気になった方は観てみて下さい。
安全第一でお願いします!

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

映画『アンストッパブル』予告編


スポンサードリンク

コメント