【映画】「カフェ・ソサエティ」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

ドラマ

今回は、ジェシー・アイゼンバーグ主演の「カフェ・ソサエティ」です。

結構豪華なキャストに惹かれて鑑賞してみました。

普通に楽しめる恋愛映画ですね。


スポンサードリンク

「カフェ・ソサエティ」レビュー!

監督:ウディ・アレン
脚本:ウディ・アレン
公開:2016年
出演者:ジェシー・アイゼンバーグ/クリスティン・スチュワート/ブレイク・ライブリー/スティーブ・カレル

あらすじ

1930年代のハリウッド、映画業界の大物「フィル」は映画スターなどを相手に毎日多忙な日々を過ごしていた。

ある日、甥である「ボビー・ドーフマン」が仕事求めてフィルの元を訪れる。

フィルは自分に付いて雑用の仕事を与え、街の案内を兼ねて秘書である
「ヴォニー」にボビーの世話を頼んだ。

そして、ボビーは美しいヴォニーに一目惚れしてしまうのだが…

感想

ジェシー・アイゼンバーグも好きなんですが、メインはブレイク・ライブリーでした。

しかし、なかなか登場しなかったのでやきもきしながら観てましたね。
同じくストーリーもやきもきさせられます。

恋は盲目とはよく言ったもので、色々と「そうなっちゃうのねー」と思って観てました。

予想通りと言えばそうなんですけど、違う選択肢を選ぶ期待を抱く自分もいたりなんかして。

それにしてもジェシー・アイゼンバーグはこういう素朴な役が凄く似合うと改めて思いました。

意味深なラストも、その後の展開を想像させられますね。

普通に面白い映画だと思うので、気になった方は観てみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

映画『カフェ・ソサエティ』予告編


スポンサードリンク

コメント