【映画】「フィストファイト」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

コメディ

今回は、コメディ映画「フィストファイト」です。

チラッと気になったので鑑賞です。

爽快なラストが良いですね。


スポンサードリンク

「フィストファイト」レビュー!

監督:リッチー・キーン
脚本:バン・ロビショー
公開:2017年
出演者:アイス・キューブ/チャーリー・デイ/トレイシー・モーガン/ジリアン・ベル

あらすじ

その日はルーズベルト高校の卒業式と同時に教師の解雇通告の日。

国語教師の「キャンベル」はクビになる事に怯えながらその日を迎えていた。

しかし、鬼教師として恐れられている歴史の教師「ストリックランド」の怒りを買い放課後に決闘をする事になってしまった。

どうしても殴られたくないキャンベルはあの手のこの手でどうにか決闘を阻止しようとするのだが…

感想

最初は只々下品な映画なのか?とちょっと退屈してましたが、中盤以降キャンベルの変化などに興味が出て来て、ラストの爽快さになかなか楽しませて頂きました。

本当に下品な言動などが多い映画なんですが、個性的過ぎるキャラクター達に圧倒させられます。

「ラフ・ナイト」に出演していたジリアン・ベルはいいキャラしてますね。

最後まで観ると楽しい映画となっております。

NG集に入っていて、カットされた授業シーンはいい教え方だなと感心しましたね。なんでカットになったのか不思議なくらいいいシーンです。

本編に合わせてそちらも気になった方は観てみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

フィスト ファイト(字幕版)(予告編)


スポンサードリンク

コメント