【映画】「エコーズ」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は1分で読めます

ケビン・ベーコン主演のミステリー映画です。

あまり内容を確認せずに観てみましたが。

ミステリアスでチョット怖い、まあ普通に面白かったです。

「エコーズ」レビュー!

監督:デヴィッド・コープ
脚本:デヴィッド・コープ
公開:2005年
出演者:ケビン・ベーコン/キャスリン・アーブ

あらすじ

小さな町で電気の配線工事の仕事をしている「トム・ウィツキー」は妻の「マギー」と、1人息子 「ジェイク」の3人で平凡に暮らしていた。

ある日、近所のパーティーに参加した時に妻の姉である「リサ」に催眠術の話を聞く、信じなかったトムは自分にかけてみろと持ちかける。

その時、女性が襲われているような不可解な映像を見てしまう。最初は催眠術でおかしくなったと思ってたいたが、息子のジェイクのおかしな言動と共通点がある事に気付き、真実を探っていく…

感想

少し怖い映画ですが、ミステリアスでいい感じに謎が解けて行き飽きずに観れました。

ケビン・ベーコンの狂気染みた演技も見所、こういう役が似合いますな。

他に特に書く事が無いですが、ラストもいい感じで驚きです。

気になった方は観てみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事