【映画】「パッドマン 5億人の女性を救った男」レビュー!あらすじや感想を紹介!【少しネタバレあり】

この記事は2分で読めます

今回は、インドの実話に基づく映画「パッドマン」です。

前から気になっていた映画で、やっと鑑賞する事が出来ました。

かなり面白かったですよ。


スポンサードリンク

「パッドマン 5億人の女性を救った男」レビュー!

監督:R・バーキル
脚本:R・バーキル他
公開:2018年
出演者:アクシャイ・クマール/ソーナム・カプール

あらすじ

2001年インド、発明家の「ラクシュミカント」は結婚し、幸せに暮らしていた。

ある日妻が月経の際汚れた布を使用していた事にショックを受け生理用品を買いに行くがとても高価で妻に返してくるように言われる。

妻を心配しなんとか自分で作れないだろうか?と試作を始めるが、周りから変態扱いされついに村を追い出されてしまう…

感想

今回はいろいろ書きたいので少しネタバレします!

この映画では多くの事を学習させて頂きました。

まず驚いたのは2001年からのお話で当時のインドでは月経が始まった女性は穢らわしいと家の外で寝起きをして、夫であってもその期間は近づいてはいけないという事実です。

2001年って約20年前ですよ!

インドの田舎の村だとしても日本ではありえない考え方ですよね。

これは宗教的な考え方と昔からの風習によってそこでは当たり前(普通)になっていたんですよね。

実際に汚い布を使用する事で感染症や他の病気になったして命を落とす女性もいたそうです。
そういう現実がありながらも長い間何も変わらなかった。
月経に関する話しをする事すら許されなかったんでそりゃ変わらないですよね。

そこへ一石を投じたのがこの主人公ですよ。映画の中で使われている名前は役名で本当は「アルナーチャラム・ルムガナンダム」というそうです。

妻が病気になる事を恐れて変態扱いされようが徹底的に研究します。
しかし結局、奥さんは実家に帰っちゃうんですよね。

それでも彼は諦めません!村を出てからもナプキンを作る為に勉強しざまざまな人達と出会います。
アメリカの製造機械を見てそれを買うのでは無く作ってしまおうと思うところがさすがですね。

色々と運がいいと思った事もありますが、観終わった後であれは運ではない事に気付きました。
努力して行動し続ける人にはいろんな事が起きます。

そしてそれを見逃さずに自分の糧にしていったんですね。
本当に素晴らしい人物で、終盤のスピーチには思わず泣いちゃいました。

こういう人ばっかりだったらいい世の中になりそうですね。

とてもとても良い映画だと思うので気になった方は観てみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事