【映画】「ニュー・シネマ・パラダイス」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は1分で読めます

今回は、名作「ニュー・シネマ・パラダイス」です。
非常に有名な作品なんですが、僕は初見です。
やはり評価されているように良い映画ですね。


スポンサードリンク

「ニュー・シネマ・パラダイス」レビュー!

監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
脚本:ジュゼッペ・トルナトーレ
公開:1988年
出演者:サルヴァトーレ・カシオ/フィリップ・ノワレ

あらすじ

第二次世界大戦中、イタリアのシチリア島で暮らす少年「トト」は島唯一の娯楽である「映画館」が大好きで、映写技師である「アルフレード」の所にいつも通っていた。

この映画はその少年トトの物語…

感想

映画を観始めるてまず思ったのは、聞き覚えのあるテーマ曲。
「この曲知ってるわ!」と驚きました。

いつも何気なくテレビなどで流れている曲ですが、まさかこの映画の曲だったとは。
こういうのって結構ありますよね?

改めて聴くとやはりとてもいい曲です。

トトの半生を綴ったような映画ですが、当時の人達にとって映画がどれ程貴重な娯楽だっったか、また時代の流れによってそれがどう変化していくのか。
そういう事も垣間見える作品ですね。

良い映画だと思うんですが、僕はアルフレードがなぜあの2人に対してあんな事をしたのか?ちょっと分かりませんでしたね。

観てない人には何の事を言っているのか分からないと思いますが、映画の終盤で分かります。
あの事に対しては、何かもどかしい気持ちが残ってしまいました。

1番印象的だったのは、ラストの「アレ」です。

アレにはトトとアルフレードにしか分からない色々な感情が込められていそうで、微

笑ましくも泣けるようなシーンですね。

やっぱり良い映画に時代は関係無いですね。

約3時間もある映画ですが、良い映画だと思います。

気になった方は観てみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 4月12日
  2. 2019年 4月21日
    トラックバック:iwc 時計 クオーツ 腕時計
  3. 2019年 4月23日
    トラックバック:ゼニス 優先 mhf
  4. 2019年 4月24日
    トラックバック:カルティエ 7色
  5. 2019年 4月25日
    トラックバック:iwc 時計 オフィシャル 24秒

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事