【映画】「ソウル・サーファー」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は1分で読めます

今回は、実話に基づく映画「ソウル・サーファー」です。

前から気になっていた映画なんですが、初鑑賞です。

元気がもらえる映画だと思います。

[ad#new]
スポンサードリンク

「ソウル・サーファー」レビュー!

監督:ショーン・マクナマラ
脚本:ショーン・マクナマラ
公開:2011年
出演者:アナソフィア・ロブ/ヘレン・ハント/デニス・クエイド

あらすじ

ハワイで生まれ育った「ベサニー・ハミルトン」はサーファーの一家に育ち、プロを目指して将来を期待されていたが、13歳の時にサメに襲われて左腕を失ってしまう。

しかし、家族や友人に支えられ片腕でサーフィンにチャレンジしていく…

感想

実際に起こった事故とそこから立ち直る少女「ベサニー」の自伝を基にした映画で、公開当時話題になっていましたね。

元気がもらえるとても良い映画だと思います。

サメに襲われて左腕を失ってしまうという状況でも決して諦めずにチャレンジして行く姿は本当に頭が下がります。

そしてとても暖かい家族も印象的ですね。

ベサニーを演じた「アナソフィア・ロブ」や家族を演じたキャストはサーフィンの猛特訓を受けアナソフィアは全てのシーンで実際に波に乗っているというのも驚きました。

作中の水中映像なども美しいですよ。

家族の絆とベサニーの強い心にとても元気がもらえる映画です。

気になった方は観てみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

[ad#new]
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事