【映画】「幸せの教室」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は1分で読めます

今回は、トム・ハンクス監督&主演の映画「幸せの教室」です。

ジュリア・ロバーツと共演していて、ストーリーも面白そうだったので
鑑賞してみました。

非常にほっこりする映画ですね。


スポンサードリンク

「幸せの教室」レビュー!

監督:トム・ハンクス
脚本:トム・ハンクス
公開:2011年
出演者:トム・ハンクス/ジュリア・ロバーツ

あらすじ

スーパーマーケットで長年働いていた中年の「ラリー・クラウン」は、大卒では無いという理由で突然解雇されてしまう。

新しい仕事を探すが、見つからず。

やはり学歴が必要と考えたラリーは短期の大学に入る事に…

感想

トム・ハンクスが監督・脚本・製作・主演を勤めた映画で、さらにジュリア・ロバーツが出演するという豪華な映画です。

トム演じるラリーのキャラも良いですね。

中年になって大学に通う気合いがいると思いますが、ラリーと周りの学生や教室達との関係が微笑ましく、「大学行ってみたいな」と思った映画ですね。

社会に出て仕事する上で学歴はあまり関係ないと思っていました。

しかし、僕自身転職をした時は学歴ってあるに越した事ないなと痛感しました。

まあそうじゃない事も沢山あると思いますが。

話が逸れましたが、映画の内容は微笑ましくほっこりする作品です。

気になった方は観てみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事