【映画】「レインマン」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は1分で読めます

今回は、トム・クルーズとダスティン・ホフマン共演の「レインマン」です。

昔の映画ですが、完全に初見です。

ただただ、ダスティン・ホフマンの演技に引き込まれていく映画ですね。


スポンサードリンク

「レインマン」レビュー!

監督:バリー・レヴィンソン
脚本:バリー・モロー
公開:1988年
出演者:ダスティン・ホフマン/トム・クルーズ/ヴァレリア・ゴリノ

あらすじ

ロサンゼルスで高級車のディーラーをしてる「チャーリー」は仕事が順調では無く悩んでいた。

そんな時、長い間疎遠だった父親が亡くなったと報せを受け葬儀に向かう。

資産家だった父親の遺産が目的だったが、ほとんどの遺産を信託財産として運用される事を知ったチャーリーは、納得がいかず資産を託された人物がいる病院へと向かう。

そこでチャーリーは今まで存在を知らなかった実の兄に出会う。
兄の「レイモンド」は自閉症で、遺産は彼の生活の為に残されたのだった。

それでも納得がいかないチャーリーは兄を病院から連れ出してしまう。
初めは財産目的で連れ出したチャーリーだったが…

感想

アカデミー賞作品賞を受賞してる有名な映画なんですが、初めて観ました。
2人共若いですね。

兄弟の絆を描いているいい話なんですが、とにかくダスティン・ホフマンの演技が凄いですね。

どんどん引き込まれていく感覚が何とも言えません。

兄のレイモンドにはモデルとなった人物がいるそうで、彼を基に物語を作ったそうです。当初ダスティン・ホフマンは弟役で出演が決まっていたようですが、兄の役柄を知りレイモンドを演じたいと直訴してモデルとなった人物に何度も面会して役作りしたみたいですね。

若きトム・クルーズも良かったですよ。やっぱり男前ですな。

ラストは予想を覆されて、もうちょっと何かあるのかな?と思ってましたが、意外とあっさりしてました。

現実はこうなんだよと教えられたような気持ちが残りましたね。

良い映画だと思うので、気になった方は観てみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事