【映画】「ライフ・オブ・パイ」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は2分で読めます

少年がトラと遭難してしまうという凄い設定の映画です。

原作は「パイの物語」という小説のようですね。

公開当時話題になってので観た方も多いと思いますが、今更ながら観賞してみました。

なかなか面白く、色々妄想が広がって行く作品でした。

「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」レビュー!

監督:アン・リー
脚本:デヴィッド・マギー
公開:2013年
出演者:スラージ・シャルマ/イルファーン・カーン

あらすじ

動物園を経営する両親の元で生まれた「パイ」は幼い頃から動物達と触れ合い、泳ぎが得意で賢い少年だった。

ある日、補助金を打ち切られ経営が難しくなったパイの両親がカナダに移住する事を決断し、動物達と共に貨物船でカナダに向け出発した。

しかし、船は嵐に遭遇してしまいパイの両親達と共に沈没してしまう。

命からがら救命ボートで助かったのはパイとシマウマ、オランウータン、ハイエナだった。

両親を亡くし愕然とするパイだったが、そのボートにはなんとトラも乗っていたのだった…

感想

トラと漂流してしまうという超究極の極限状態ですが、要所要所の映像がメチャクチャ綺麗です。

本当にあんな現象が海では見られるのだろうか?と疑問が湧きました。

序盤は少し退屈ですが、中盤以降は食い入るように観てしまいました。

撮影に関しても、一体どうやって撮影したんだ?というシーンがいくつもあります。

これに関しては調べたんですが、書いてしまうと映画の雰囲気を十分に味わえないなと思い、ここではやめておきます。

遭難してからは主人公のパイを演じる「スラージ・シャルマ」の1人芝居。

実は彼はオーディションでこの役を射止めたが、泳げなかったようです。

そこから訓練したのでしょう、本作では上手に泳いでいます。

この作品で一番気になるのはラスト!

色々と考えてしまいました。

あえて書きませんが、この作品を観た人とラストについて語りたい!

僕の考えもいつか書きたいと思っています。

気になった方は是非観てみて下さい。

関連記事
一人芝居な映画まとめ!

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事