【映画】「オール・イズ・ロスト」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は1分で読めます

ベテラン俳優のロバート・レッド・フォードが主演の作品です。

っていうか彼しか出てません。

以前雑誌でこの作品の紹介を見たので気になってた作品です。

ある意味衝撃的な作品!物凄く印象に残ります。


スポンサードリンク

「オール・イズ・ロスト」レビュー!

監督:J・C・チャンダー
脚本:J・C・チャンダー
公開:2014年
出演者:ロバート・レッド・フォード

あらすじ

とある初老の男性が1人、ヨットでクルージング中に海上に漂っていたコンテナに衝突。

そこから漂流してしまう..

感想

凄い作品です。

ロバート・レッド・フォードの1人芝居映画ですが、セリフが無い!
本当に数行ほどしかセリフがありません!

BGMもほとんど無く、主人公の心境や今の状況は想像するしかありません。

トム・ハンクスの「キャスト・アウェイ」を観た時もセリフ少ないなと思いましたが、比較になりませんでした。

ラストも「え!?これで終わり?」とあっけに取られてしまいました。

しかし、終わってからいろいろと「あれはこういう事だったのかな?」と想像が膨らみます。

なんだか映画を観ながら小説を読んでいる様な感じでしたね。

それにしても主人公を演じたロバート・レッド・フォード、セリフの無い演技もさる事ながら、結構ハードなシーンもあったので大変な撮影だったんじゃ無いかなと思います。

さすがですね。

それにこの作品、セリフが少ない為に台本はわずか31ページだったようです。これにも驚きですね。

役者魂が光る作品、映画好きなら観ておきたい1本ですね。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事