【映画】「ユー・ガット・メール」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は2分で読めます

トム・ハンクスとメグ・ライアンの共演作品です。

ネット上でメールのやり取りしてお互いを好きになって行く物語。

現代版の文通ですね。

のんびり観れて、ほっこりする作品です。

「ユー・ガット・メール」レビュー

監督:ノーラ・エフロン
脚本:ノーラ・エフロン
公開:1999年
主演:トム・ハンクス/メグ・ライアン

あらすじ

アメリカニューヨーク、親子3代に渡り本屋を経営する「キャスリーン」彼女は同棲している彼氏がいたが、インターネットで知り合った男性とメールで連絡を取っていた。

彼とはメールでその日あった事など他愛もない話しをするだけだったが、とても波長が合い日々メールを楽しみにしている。

キャスリーンのメールの相手はある企業の御曹子で「ジョー」彼もまたキャスリーンとのメールを楽しみにしていた。

だがジョーはキャスリーンの店の向かいにオープンした安売り専門の本屋フォックスブックスのオーナーの息子だった。

キャスリーンの店にたまたま寄ったジョーは正体を明かし辛く、ジョーとだけ名乗るが。あるパーティーで再開し、キャスリーンはそこでフォックスだと知るのだった。

それ以来、商売敵の2人は会う度に言いあらそってしまう。

しかし、インターネット上ではメールでのやり取りでお互いに心惹かれていく。

果たして2人の恋の行方は…

感想

いい話でした。

インターネットが普及し始めた頃の話しのようで、今や普通になっているネット上でのコミニュケーションですが、何か新鮮な感じがしますね。

よくある恋愛ものですが、メールと言う相手の顔が見えない状況で、リアルタイムに文章でコミュニケーションがとれて双方がいい感じ。

しかし、リアルで会えばお互い当然メールの事は知らないし、ライバルなのでいがみ合う。
そのバランスがいい意味でじらしてきます。

日々新しい物事が増えてますが、昔の物にも良いところがあって、それを大切にして新しい物を作り出す。それがベストなんじゃないかな?と思います。

チョット脱線しましたが、この映画の監督ノーラ・エフロンと主演のトム・ハンクス、メグ・ライアンは以前「めぐり逢えたら」という映画で共演しています。

そちらの紹介も後々していこうと思ってます。

良い映画なのでどちらも見てみて下さい。

この作品の関連商品をチェック!【楽天市場】

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事