【映画】「バーン・アフター・リーディング」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は1分で読めます

今回は、コメディ映画「バーン・アフター・リーディング」です。

初見のつもりで観てみたんですが、2回目でした。

はちゃめちゃな映画です。


スポンサードリンク

「バーン・アフター・リーディング」レビュー!

監督:イーサン・コーエン/ジョエル・コーエン
脚本:イーサン・コーエン/ジョエル・コーエン
公開:2008年
出演者:ジョン・マルコビッチ/ジョージ・クルーニー/フランシス・マクドーマンド/ブラット・ピット/ディルダ・スウィントン

あらすじ

CIAの分析官である「オズボーン・コックス」はアルコール依存症が原因で左遷させらる事に。

頭にきたコックスは仕事を辞め、暴露本を
の執筆を始めた。

一方、トレーニングジムに勤める「リンダ・リツキ」と「チャド」はロッカールームで発見したCDに国家機密情報と思われる情報を発見。

その持ち主がコックスだと突き止めた2人はリンダの美容整形費用を手に入れる為にコックスを脅迫する事に…

感想

豪華キャストの贅沢なコメディ映画です。

ストーリーも面白く、思い込みと勘違いの連続でとんでもない展開になって行きます。

それを冷静になって鑑賞すれば、ニヤニヤ出来ますよ。

途中チョット衝撃的なシーンがあります。

2回目の鑑賞なんですが、ちゃんとビックリしました。

なかなか面白い映画だと思うので、気になった方は観てみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


名前:坂本 訓章
年齢:1980年生まれ

高知から趣味や仕事の事をブログ発信しています。

SNSなど





スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事