【映画】「ライジング・ドラゴン」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は1分で読めます

今回は、ジャッキー・チェンのアクション映画「ライジング・ドラゴン」です。

安定したジャッキー映画で、楽しく観させていただきました。


スポンサードリンク

「ライジング・ドラゴン」レビュー!

監督:ジャッキー・チェン
脚本:ジャッキー・チェン
公開:2013年
主演:ジャッキー・チェン

あらすじ

19世紀に中国国内から持ち出された12支の頭をかたどったブロンズ像の捜索をオークションで売るためにトレジャーハンターの「JC」を金で雇ったマックス・プロフィット社。

JCは像を求めて世界各地を巡って行く。

その途中、JCは歴史的な遺物の奪還運動をしている「ココ」に出会う。

最初は金の為に動いていたJCだがやがて考えが変わっていき…

感想

監督、脚本もジャッキーの映画なので、安心のジャッキー映画に仕上がってますね。

アクションやスタントも見応え十分です。

今までにないハイテク装備なども出て来ますが、いい感じにまとまっていると思います。

今作でジャッキーは本格的なアクション映画からの引退をエンドロールで語っています。

寂しい気もしますが、ジャッキー魂を後のアクション俳優さんに伝えていって貰いたいですね。

あと、ジャッキーの本当の奥さんがチラッと出てます。

もし観る方は探してみて下さい。(すぐ分かると思いますが)

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

予告編


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事