【映画】「ラスト・アクション・ヒーロー」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は1分で読めます

今回は、アクション映画「ラスト・アクション・ヒーロー」です。
古い映画で昔も観たんですが、懐かしくなって再び鑑賞です。
昔とは違った視点で観れたので満足しました。


スポンサードリンク

「ラスト・アクション・ヒーロー」レビュー!

監督:ジョン・マクティアナン
脚本:デヴィッド・アーノット他
公開:1993年
出演者:アーノルド・シュワルツェネッガー/オースティン・オブライエン

あらすじ

父親を亡くし母とニューヨークで暮らす「ダニー」はヒーロー映画「ジャック・スレイター」が大好きで度々学校をサボり映画館へ行っていた。

ある日、映画館の映写技師「ニック」にジャック・スレイターの最新作の試写を観せてもらえる事になり夜中に家を抜け出し、映画館へと向かった。

そこで試写の前にニックから貰った魔法のチケットの力でダニーは映画の中に入り込んでしまうのだった…

感想

主人公の少年が映画の中に入ってしまうんですが、映画の中では登場人物が普通に生活を送っているという面白い世界観ですよね。
しかもいろんな映画が混ざっているという所も興味深いですね。

最初観たのはまだ十代だったのでただただアクションヒーローが悪者を倒す!というストーリーを楽しんでいたんだと思います。

しかし、オッサンになった今は映画のキャラクターに対する思いだったり、映画の世界と現実世界のギャップなどなど色々考えさせられる一面も感じました。

ストーリーは映画の中のヒーロー「ジャック」と彼に憧れる少年が協力して物語が進んでいくんですが、映画の終盤では「映画とは?」という深い所まで考えていました。

この映画でまさかそこまで考えてしまうとは正直思ってなかったので、不思議な感覚でしたね。
僕は同じ映画を複数回観ることがあるんですが、昔観た映画でもその時の状況で感じ方が大きく変わるのでそこがまた良いですよね。
きっと小説や絵画などの作品でもそういう事があるんでしょうね。

話が逸れてしまいましたが面白い映画だと思うので気になった方は観てみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事