【映画】「アンロック/陰謀のコード」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は1分で読めます

今回は「アンロック/陰謀のコード」です。

ノオミ・ラパス主演で前から気になっていた映画です。

面白かったですよ!


スポンサードリンク

「アンロック 陰謀のコード」レビュー!

監督:マイケル・アプテッド
脚本:ピーター・オブライエン
公開:2017年
出演者:ノオミ・ラパス/マイケル・ダグラス/ジョン・マルコビッチ/オーランド・ブルーム

あらすじ

CIAの尋問官だった「アリス・ラシーン」は過去にテロを阻止できず、そのショックから一線を退いていた。

ある日、CIAから緊急の仕事としてある男の尋問を依頼されるのだが…

感想

いやー、面白かったです!

展開が最高ですね!謎が上手いこと見え隠れする所が何とも言えない楽しさがあります。

黒幕は結構序盤に分かってしまいましたが、それを加味しても面白い映画だと思います。

ノオミ・ラパスが良いですね。強い女性像が似合うし個人的には凄く好きです。

オーランド・ブルームも久々に観たんですが、カッコよかったですね。
最初この俳優さんオーランド・ブルームにメッチャ似てるなーと思ってたんですが、本人でした…

全体的に凄く良く出来た映画だと思うので気になった方は観てみて下さい。
シリーズ化して欲しいな…どうかな?無理かな?

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事