ドクターカー!出動基準と費用は?まとめてみた!

この記事は2分で読めます

最近何かと話題の「ドクターカー」

剛力彩芽さん主演のドラマ「ドクターカー~絶対絶命を救え~」も最近ありました。

救急車とは違い、医師が搭乗しているので、現場でそのまま治療をしてくれます。
ほんの数分の差で命が助かる可能性もあると思うので、非常に心強いシステムだと思います。

今回はそんな「ドクターカー」の事を調べてみました。

ドクターカーの出動基準は?

出動基準は主に119番通報を受けた消防署が判断するようです。
・患者さんの重症度合(心肺停止、呼吸が無い、高齢者の重篤患者等)
・同時に多数の要請が発生した場合
・患者さんの救助に時間が掛かり、すぐに治療・処置が必要だと思われる場合

各市町村の病院によって出動基準・導入状況が違うと思うので、ご住まいの地域で一度確認しておいてもいいかもしれませんね。
ちなみに僕が住んでる高知市では、高知医療センター、高知赤十字病院、近森病院の3病院のようです(自分調べ)

ドクターカーの費用は?

移送については、救急車と同様無料のようです。
ただし、現場での医療行為については通常の病院と同じく健康保険適応の料金が発生します。

支払いは後日、指定された医療機関に支払いに行かなければいけません。
(まあ、ドクターカーが来るぐらいですからその日は支払いどころでは無いですよね。)

ドクターカーの歴史

この機会にドクターカーの歴史を少し調べてみました。

僕が調べた中、日本の一番古い記録でドクターカーが導入されたのが愛知県・岐阜県の1982年!!
「そんなに前からあったのか!?聞いた事も無かったな?」と思わず独り言。

理由としては、やはり救急車での搬送時間の短縮。

しかし昔は各病院が自前で車両・医師・看護師を準備しなければならなかった為、資金面の問題もあり導入出来る病院はごくわずかだったようだ。

最後に

でも、ドクターカーに乗るお医者さんや看護師さんは家に居る時も、寝る時も出動出来るように準備しておかなければならないのはホントに頭が下がります。
もちろん交代で勤務してるとは思いますが、数日間そんな状態が続くのは並外れた精神力と強い気持ち
がなければなかなか難しいと思います。

ドクターカーと同じく空で活躍しているドクターヘリについても書いてみました。
良かったら見てみて下さい。

こうしてる間にも出動しているドクターカーはいると思います。
くれぐれも体調には気を付けて頑張って頂きたいと思います。

ドクターヘリとは?出動基準と料金やパイロットになる為の資格についてまとめてみる!

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事