ドラゴンクエストビルダーズ2がついに発表されたぞー!マルチなどの新機能や発売日、気になるストーリーもチェックしてみる!

この記事は2分で読めます

2017年8月5日、6日に東京で行われた「ドラゴンクエスト夏祭り2017」でついに、ついに発表された「ドラゴンクエストビルダーズ2」。

待ちに待った情報に魂が震えました。

今回は新作「ドラゴンクエストビルダーズ2」の情報をまとめてみます!


スポンサードリンク

ドラゴンクエストビルダーズ2の発売日などの概要!

今回発表された発売機種はプレイステーション4Nintendoswitchの2機種で高性能機種での発売に内容の向上に期待が高鳴ります。

発売日に関しては未定となっていますが、発表時に堀井雄二さんが「来年の夏ぐらい?」とぽろっとコメントがありましたね。

正式な発表を待ちましょう!

ドラゴンクエストビルダーズ2の新機能まとめ!

個人的にも1番気になる新機能。

ここからは今回発表された新機能を細かく刻んでまとめてみます。

開発画面からの僕の推測も入るかもしれませんのでご了承下さい。

上下のスペースが広がった!


今回の新作では上限が64段、下限が32段となっていてこれは前作の3倍!

上の画像を見るだけで凄く高いのが分かりますね。

これだけでもう楽しい。

何を作ってやろうか想像が膨らみます。

水中で行動出来る!


今回は水中でも行動出来るようで、これにより海底神殿などいろいろと作る選択肢が増えそうです。

高い場所にも水を設置出来る!


前作ネットなどでこれを希望する人が結構いましたね。

今回は可能です!

これで滝や山の上に温泉なども出来そうですね。

ウォータースライダーみたいなのも作れるかな?

空を飛べる!


ドラクエ2に登場した「風のマント」。

今回はそのアイテムを使って空を飛べるようになりました。

飛ぶと言ってもおそらく滑空出来るという事だと思うんですが、マップが広くなってるんで移動には便利そうですね。

あと、自分が作った建物の上を飛ぶとか楽しそうですね。

ダッシュが出来る!


これも地味に嬉しい機能ですね。

移動時間が短縮出来ます。

マルチプレイは最大4人まで!


これはただ4人でマルチが出来るというだけの発表で、詳細は明かされていません。

友達とワイワイプレイしたいという僕の願いが叶いそうです。

でもチャットなどだけでは意思の疎通がなかなか難しいような気がします。

どうなるのか、今後の情報に期待です。

仲間が増える?


開発中の動画で犬を連れている場面がありました。
他にも味方のNPC?がアイテムを取っているなどいろいろといい方向に変わっているようですね。
あと、新しい仲間「少年シドー」という名前も明かされました。

NPCのように仲間が活躍してくれればとても頼もしい存在になりそう。

DLCなんかで歴代キャラ来ないかな?

その他


上の画像で分かりにくいかも知れませんがブロックが斜めになっているやつがあります。これも新アイテムでしょうか?

他にも武器を2つ装備出来て、ボタンで使い分けが出来るようです。

これも地味に嬉しい。

ドラゴンクエストビルダーズ2のストーリーはどんな感じだ?

ドラクエに詳しい方ならここまで見て大体想像が出来ると思いますが。

「風のマント」、「少年シドー」、仲間の「犬」と来ればドラゴンクエスト2ですよね。シドーが仲間というのも気になります。

ただ、前作でのあの素晴らしいストーリーを作ってくれた制作陣、そうそう単純なストーリーでは無いでしょうね。

これも今後の情報に期待しましょう!


以上、ドラゴンクエストビルダーズ2の最新情報についてまとめてみました。

いやー、ホントに嬉しいです。早くプレイしたい!

どんな素晴らしい作品になるのか期待せずにはいられません!

36歳にもなってこんなにゲームでワクワクするとは、でも好きなものは好きなんでしょうがないですよね。

またの続報を待ちましょう!

ドラクエ夏祭りの動画を貼っておきます。
ビルダーズは40分頃からです。

気になる方は見てみて下さい。

あと、前に書いた記事で個人的な妄想が爆発してます。
下にリンク貼っておきます、良かったら覗いてみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事