FF12がリメイク?HDリマスターで復活!ゲームのおさらいとPS4版での変更点や追加要素をまとめてみた!

この記事は2分で読めます

2006年にPS2で発売されていたFF12がなんとHDリマスターで復活!

個人的にすごく嬉しいニュースです。

当時ハマってまして、めちゃくちゃプレイしてたんですけど、ラスボスを倒すのがもったいなくてひたすらやり込んでたらPS2が壊れてしまい結局クリア出来ず。

今でもふと思い出すほど心残りです。

今回はそんなFF12のリマスター版の情報をまとめてみます。


スポンサードリンク

FF12がリメイク!HDリマスターで復活!


今回のリメイクは当時日本で発売された「ファイナルファンタジーⅫ」ではなく

後に発売された「ファイナルファンタジーⅫ INTERNATIONAL ZODIAC JOB SYSTEM」が元になっています。

これは当初のFF12に追加要素などを加えて再販されたもので

ここにさらに追加要素が加わり今回PS4で発売されるということなので、非常に楽しみですね。

発売:2017年

価格:未定

ハード:PS4

「FF12」PS4版での変更点や追加要素をまとめてみる!

現在発表されている情報は次の通りです。

・ゲーム映像がHDグラフィック技術で高画質になる!

・ゲーム音楽を録り直して7.1chで聞けます!
 (原曲も収録されるようです)

・ゲームの言語を日本語と英語に切り替え可能!

・オートセーブ機能!

・ロード時間の短縮!

・高速モードの改良と操作性の向上!

現在の所これぐらいですね。

言語を英語にするのはちょっと違和感がありそうですね。

オートセーブ機能は嬉しい!けど、やり直しがきかなくなるかな?

しかし、さらに追加要素などはあるようなので、今後の情報に期待!

FF12のおさらい!

ここからはリマスター版をプレイする前に元のFF12をおさらいしてみます。

FF12は2006年にPS2ソフトとして発売されたロールプレイングゲームです。

当然「ファイナルファンタジー」シリーズの12作目です。

当時としては画期的な、戦闘シーンがシームレスで展開するのも話題になりました。

キャラクターメイキングで様々なカスタマイズが可能で、中でも個人的に好きなのが。

「ガンビット機能」いろいろな条件を設定して、戦闘中はその条件に従いオートで戦ってくれます。

これを考えるのが大好きでして、いろいろ思考錯誤してたのを思い出します。

しかし、この作品はネットで叩かれまくった作品です。

原因はおそらく新しい戦闘システムやストーリー。

「ガンビットが使いづらい」「ストーリーが薄っぺらい」などと言われていました。

「エンディングがダメ」という意見もありましたが、クリアしてない僕は何も言えません。

しかし、今のゲームをいろいろ見てみると、このFF12のシステムなどは近いものがあると思います。

ストーリーも決して薄っぺらく無く、むしろ難しくて深い!

あとはイメージでしょうか?

従来のファイナルファンタジーとは大幅に変革のあった作品だと思います。

歴代ファンはこれを素直に受け入れる事が出来なかったんでしょうね。

それだけ、ファイナルファンタジーが好きって事なんでしょうけど。


以上、FF12のリマスター版の情報と元作品のおさらいしてみました。

FF12の世界感やシステムは当時の僕は大好きでしたね、何が不評だったか分からないです。

今回のリメイク版で初クリアを目指したいと思います。

チョー楽しみ!!

FF12グッズはどんなのがあるの?今すぐチェック!【楽天市場】

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事