【映画】「ロストメモリーB7」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は1分で読めます

ドイツの映画で、ジャケットの裏に「メメント」を超える!!とデッカく書いてたので、楽しみにして見てみました。

率直な感想は「普通」です。


スポンサードリンク

「ロストメモリーB7」レビュー!

監督:オズギュル・ユルドゥルム
脚本:ベルンハルト・シュリンク
公開:2016年
主演:デヴィッド・クロス/エミリア・シューレ

あらすじ

主人公は地下鉄の線路で目覚めた。

しかし一切の記憶が無く、さまようように地下鉄の駅内にそこで警察官に取り押さえられる。警察官の話で自分が指名手配である事を知りとっさに逃げる。

逃げ切った先で自分のポケットにある店の名刺が、そこに行くと店員が「数時間前に来ていてトイレに行っていたと」聞き行ってみると自分が残したと思われるメモを発見する。

そのメモには自分が「サミュエル」であると言う事とこれまでの経緯が書かれていた。

読んでいると1人の女が現れ一緒に逃る事に、彼女もまた記憶が無く、サミュエルに関するメモとさっき居た店の名刺を持っていた。

なぜ自分が指名手配なのか?何があったのか?2人はメモを読み記憶を辿る事に…

感想

確かにストーリーは面白いんですが、チョット見せ方というか、流れが単調すぎて大体先が読めてしまいます。

「朗読者」という小説が原作のようですが、いまいちしっくり来ない映画でしたね。

「メメント」には勝ててないです‥

メチャクチャ短いですが、まあ気になった方は観てみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事