【映画】「ザ・サークル」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は1分で読めます

今回は、トム・ハンクスとエマ・ワトソン共演の「ザ・サークル」です。

劇場公開されていた時から気になっていた作品で楽しみにしていたんです。

色々と考えさせられる映画でしたが、何か違和感を感じてしまいました。


スポンサードリンク

「ザ・サークル」レビュー!

監督:ジェームズ・ポンソルト
脚本:ジェームズ・ポンソルト
公開:2017年
出演者:エマ・ワトソン/トム・ハンクス/カレン・ギラン

あらすじ

「メイ・ホランド」は友人である「アニー」の紹介で大手IT企業「ザ・サークル」で働く事に。

両親にも安心してもらい、メイは自分が超一流企業で働ける事を嬉しく思っていた。

ある日、会社のCEOである「イーモン・ベイリー」は新プロジェクトとして「シー・チェンジ」を発表する。

それはワイヤレスのカメラを世界中に設置し、映像のみならず、あらゆる事を瞬時に分析出来るシステム。

最初は「やり過ぎでは?」と思っていたメイだったが、ある出来事がきっかけでこのシステムの必要性を感じ始める。

そして、さらにシステムの素晴らしさを理解しともらう為に自らの生活を24時間リアルタイムでSNSにアップする事になるのだが….

感想

始まって早々にカレン・ギランが出演してる事に気付き、嬉しかったのは置いといて。

大変興味深い内容でワクワクして観てましたが、後半のストーリー展開が無理矢理で若干違和感がありましたね。

面白くないというわけではありませんが、「ん?何故そうなるんだ!」と思ってしまいました。

特にエマ・ワトソン演じるメイの心変わりが納得出来ません。

この映画に出てくる技術は素晴らしいく、とても便利だとは思いますが、やはり使い方が問題になりますね。

それに実際にこういう技術が出て来れば、この映画で取り上げられている問題だけでは終わらないと思います。

まあ、危機管理の参考として観てみるのも良いんじゃ無いでしょうか?
気になった方は観てみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事