メメント

この記事は1分で読めます

メメントレビュー

監督:クリストファー・ノーラン
脚本:ジョナサン・ノーラン
公開:2001年
主演:ガイ・ピアーズ キャリー=アン・モス
昔観た映画ですが、面白かったので紹介したいと思います。
あらすじ
主人公は「レナード」彼はある事件がきっかけで記憶が数分しか保たない。次々と忘れていってしまう。

しかしこれだけは覚えている。「妻を殺した犯人に復讐しなければ」

そして重要な事は忘れないよう身体にタトゥーを入れて行く‥
感想
すごい映画です。

結末から始まり、きっかけに戻っていく。そんな感じですかねー。過去の事が分からないんで、主人公の記憶障害を疑似体験出来るような映画です。

本当によく作りこまれた作品だなと思います。冒頭で起こる事は当然わけが分かりません、ストーリーが進むにつれ点と点が繋がっていく感じは斬新だなーと感心します。

「ジョジョの奇妙な冒険」の第6部にも似たようなシュチュエーションが出てきますね。僕は映画が先だったんで、最初見た時はこれメメントや!とちょっと嬉しかったです。

なかなか変わった作品なんで一見の価値はあるかと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016 05.29

    88ミニッツ

  2. 2016 08.19

    シャッフル2

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事