【映画】「エレベーター」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は1分で読めます

タイトルとストーリーが気になり何と無く手に取って借りてみました。

1時間半程の短い映画です。

怖い映画でした。

「エレベーター」レビュー!

監督:スティーグ・スヴェンセン
脚本:マーク・ローゼンバーグ
公開:2012年
出演者:クリストファー・バッカス/アニタ・ブルエル/ジョン・ゲイツ

あらすじ

マンハッタンのとある高層ビルで開かれるパティーに出席する為に9人の男女がエレベーターに乗り合わせた。

しかし、エレベーターが突然止まってしまい焦る人達。

外部に連絡をとり救助を待っている時にエレベーター内である事件が起こりそこから次々と問題が起き始める…

感想

エレベーターの中に閉じ込められて、そこに事件が起きる。

なかなか面白い設定だと思ったんですが。

観終わった感想は「普通」です。

決して面白く無い訳では無いですが、もうちょっとストーリーに何か加え

ればズゴイ作品に化けてた可能性を感じる作品ですね。

しかし、人間の極限状態での行動などは「怖いな」と感じました。

ハラハラ・ドキドキを楽しみたい人は観ても損はないかな?と思います。

気になった方は観てみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事