【映画】「マイティ・ソー」シリーズレビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は2分で読めます

今回は、「マイティ・ソー」シリーズです。

新作のバトルロイヤルが出てたので、ついでに最初から全部観てみました。

安定の面白さです。


スポンサードリンク

「マイティ・ソー」シリーズレビュー!

監督:ケネス・ブラナー
脚本:アシュリー・エドワード・ミラー
公開:1-2011年 2(ダーク・ワールド)-2014年 3(バトルロイヤル)-2017年
出演者:クリス・ヘムズワース/トム・ヒルドストン/ナタリー・ポートマン/アンソニー・ホプキンス/浅野忠信/イドリス・エルバ/ケイト・ブランシェット(3)

あらすじ

宇宙で9つの惑星を治める「アスガルド王国」その王である「オーディン」は息子「ソー」に王位継承するべく儀式を行なっていた。

その時、宝物庫に休戦中であるヨトゥンヘルムが侵入し儀式は中断、これに怒ったソーは無断で仲間共にヨトゥンヘルムに侵攻。

オーディンの介入でその場は治ったが、オーディンによってソーは力を奪われ地球に追放されてしまう。

しかし、ヨトゥンヘルムの侵入はある裏切り者が手引きしていたのだった…

感想

前回の「アイアンマン」から観ててやはり流れが複雑だなーと感じます。
全部レビュー上げたらまとめてみよう思っております。

主演のクリス・ヘムズワースとトム・ヒドルストンはこの映画がきっかけで有名になって今や大スターですね。

他のヒーローと比べてこの「ソー」はもはや神様です。スケールが違いますね。

映画自体も迫力満点です!

1、2作目は割とシリアスなストーリー展開ですが、3作目はかなりコミカルになっています。笑えるシーンが多いですね。

前半で1作目を再現した演劇をやってるんですが、ソーを演じているのは「ルーク・ヘムズワース」でクリス・ヘムズワースの実のお兄さんです。どうりで似てると思いました。

そして、ロキを演じているのは「マッド・デイモン」。

そしてそして、オーディンを演じているのは「サム・ニール」です。「ジュラシック・パーク」の人ですね。

本当に数秒しか写りませんが、こういう遊び心は大好きです。

さらに3作全てでソーの戦友「ホーガン」を演じている「浅野忠信」。日本の俳優さんが出演してるのは本当に嬉しいです。

あまりストーリーに触れませんでしたが、ヒーロー映画が好きな人は楽しめるはずです。

気になった方は観てみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事