【映画】「アイアンマン」シリーズレビュー!あらすじや感想を紹介!

この記事は2分で読めます

今回は、マーベルコミックの「アイアンマン」シリーズです。

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の復習として再度鑑賞してみました。


スポンサードリンク

「アイアンマン」シリーズレビュー!

監督:ジョン・ファバロー
脚本:マーク・フォーガス
公開:1-2008年 2-2010年 3-2013年
出演者:ロバート・ダウニー・jr/グヴィネス・パルトロー/ミッキー・ローク(2)/スカーレット・ヨハンソン(2)/ガイ・ピアーズ(3)

あらすじ

エンジニアで「スターク・インダストリーズ」の社長である「トニー・スターク」は兵器を開発、販売する事で利益を得ていた。

その日、兵器のプレゼンの為にアフガニスタンを訪れていたが、テロリストの襲撃を受け拉致されてしまう。

襲撃の際に胸を負傷し心臓に大きなダメージを負ったスタークは兵器を作る事を強要されるが、彼らの兵器を作っていると思わせ自らのスーツを作っていた。

そのスーツで何とか脱出したスタークは自分の兵器がテロで使用されている事を危惧し兵器の開発を中止すると決め、自らテロリス達と戦う為にスーツの開発に着手する…

感想

アイアンマンカッコいいですねー。

実はアイアンマン自体をこの映画で知ったんですが、今ではファンになっております。

それに、トニーの傲慢な性格がロバート・ダウニー・jrにピッタリですね(褒め言葉です)

当初のキャスティングではドラッグなどの過去を持つロバートの起用はあり得なかったそうなんですが、ロバート自身アイアンマンの大ファンで、オーディションの時には他者を圧倒する程の役作りを見せて見事に勝ち取ったようです。

そして、アベンジャーズシリーズの第1作として制作されたこの作品、ここから壮大な物語へと発展してくわけです。

時系列的に2作目と3作目の間に「アベンジャーズ」が入っているはずなんで、両方観ていないとちょっと話が分からない部分があると思いますよ。

個人的にはトニーの人間臭さが光っていて色々なタイプのスーツが登場する3作目が一番面白かったんですが、1、2作目があってこその3作目だと思うので、まだ観ていない方は是非最後まで鑑賞してみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事