【映画】「PLANET OF SHARKS 鮫の惑星」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は1分で読めます

今回は、SF映画「PLANET OF SHARKS 鮫の惑星」です。

タイトルからして完全にネタ映画っぽかったんですが、気になったので鑑賞してみました。

予想通りの映画でしたね。


スポンサードリンク

「PLANET OF SHARKS 鮫の惑星」レビュー!

監督:マーク・アトキンス
脚本:マーク・ゴットリーブ
公開:2016年
出演者:ブランドン・オーレン/ステファニー・ベラン

あらすじ

地球温暖化によってほとんどの陸地が水没してしまった地球。

生き残った人類は海上に住む事を強いられていた。

ある日1つの街が鮫の大群によって壊滅してしまう。

その鮫の群れの中には独自に進化した特殊な鮫がいた…

感想

えー、予想通り手作り感満載の映画でした。

映像もストーリーもツッコミどころだらけです。

こういう映画って最初は「ひょっとすると意外と面白いかもしれない」とチョット期待してしまうんですよね。

この映画に関しては全く裏切られずに予想通りという結果です。

終盤に出て来るカイトボードは楽しそうだったのと、iMacが出て来たので懐かしかったです。

えーと、この映画に関してはそれだけですね。

気になった方は観てみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事