【映画】「スーパーマリオ 魔界帝国の女神」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は1分で読めます

今回は、日本の超有名ゲームが元ネタの映画「スーパーマリオ 魔界帝国の女神」です。

僕の知る限りマリオの映画はこれだけで、僕の好きなジョン・レグイザモがルイージ役で出演しています。

しかも意外と面白いという、いろいろ揃っている映画なんです。


スポンサードリンク

「スーパーマリオ 魔界帝国の女神」レビュー!

監督:ロッキー・モートン
脚本:エド・ソロモン
公開:1993年
出演者:ボブ・ホスキンス/ジョン・レグイザモ

あらすじ

6500万年前に絶滅した恐竜。

しかし、生き残った恐竜達は地下で独自の進化をし文明を築いていた。

そして現代ブルックリンで配管工を営む「マリオ」と「ルイージ」は恐竜
の化石を発掘している「デイジー」と出会う。

彼女に一目惚れしたルイージはマリオの後押しで食事に誘う事に成功。

しかし、地下を支配する「クッパ」にデイジーはさらわれてしまい、マリオとルイージは彼女を追って地下世界に足を踏み入れる…

感想

かなり酷評されて興行的にも失敗とされているこの映画。

世界感はゲームのそれとかけ離れていますが、ネタ映画として個人的には好きです。

クッパの手下として出てくる「グンバ」の顔が小さ過ぎ!なのと「それがヨッシーなの?」というツッコミどころ満載ですが、そこが良いんです!

他にもマリオとルイージの苗字が「マリオ」という事も明かされています。これは公式設定のようですね。

しかし、実はジョン・レグイザモが主役という事が個人的に一番大きな評価点かも知れません..

賛否両論あるかも知れませんがマリオ好きな方は1度鑑賞してみても良いんじゃないでしょうか?

気になった方は観てみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事