【映画】「マイノリティー・リポート」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は1分で読めます

今回は、トム・クルーズ主演のSF映画「マイノリティー・リポート」です。

スリルあり、アクションあり、サスペンスありで見応えある映画です。


スポンサードリンク

「マイノリティー・リポート」レビュー!

監督:スティーブン・スピルバーグ
脚本:ジョン・コーエン
公開:2002年
出演者:トム・クルーズ/コリン・ファレル

あらすじ

近未来、予知能力を持った人間「プリコグ」が現れその能力を使って犯罪を犯す前に逮捕するという組織「犯罪予防局」が作られていた。

そこで捜査官として働く「ジョン・アンダートン」は6年前に息子を誘拐され、見つかっていないまま仕事に没頭していたが、精神的に不安定でドラッグを常用するようになっていた。

そんなある日、プリコグが一件の殺人事件を予知する。

予知された加害者はジョン、その予知を最初に発見したジョン自身は全く
知らない被害者に間違いではないかと動揺するが、このままでは逮捕されると逃走。

追われる身となってしまったジョンは果たして本当に殺人を犯してしまうのか…

感想

小説が原作のようです。

殺人が事前に予知されて、犯人は逮捕される。

いい事のように思いますが、いろいろ問題もありそうですね。

特に最初に捕まってしまう男性は半分被害者です。可愛そう。

街でも至る所で網膜をスキャンされ、どこにいるかは直ぐに分かってしまうのも余り良い気分ではないでしょう。

映画のストーリーも本当に何が事実か分からなくなります。

トム・クルーズとコリン・ファレルのアクションも見所!

ただ、この映画に出て来る車は便利ですね。乗ってるだけで目的地へ連れて行ってくれる、これは是非実現させてもらいたいものです。

全体的に退屈な場面も無く非常にいい映画だと思います。

テレビドラマでこの映画の後の話しが出てるようです、いつか観てみようかな?

気になった方は観てみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事