【映画】「エイリアン」シリーズレビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は2分で読めます

先日「エイリアン:コヴェナント」の鑑賞後、物凄く気になってしまって昔の「エイリアン」シリーズを一気に鑑賞。

やっぱ面白かったなー。


スポンサードリンク

「エイリアン」シリーズレビュー!

監督:リドリー・スコット(1)
脚本:ダン・オノバン(1)
公開:1-1979年 2-1986年 3-1992年 4-1998年
出演者:シガニー・ウィーバー/ランス・ヘンリクセン(2・3)/ウィノナ・ライダー(4)

あらすじ

2122年、宇宙貨物船「ノストロモ号」は物資を積み地球へと向かっていた。

コールドスリープから目覚めた乗員は船がある信号を受信し予定のコースを大きく外れている事を知る。

困惑する乗員だったが、信号の発信源である場所を調査する事に。

船長の「ダラス」と3人が調査に向かい、謎の宇宙船を発見する。

その宇宙船内で謎の生物に襲われ母船に帰る3人だったが、襲われた乗員にある変化が起こる…

感想

やはり名作に一言!

ストーリーといい画の見せ方などクオリティが高いです。

こんなストーリーを思いつくなんて凄いですねー。

このシリーズは各作品毎に監督や脚本家が違うんです。それなのにこんなに世界観がまとまっているのは、1作目がいかにリスペクトされているかという事が分かりますね。

それにエイリアンの造形がハンパないです。まさに恐ろしいという表現が相応しい造形だと思います。
後に多くの作品が出来るんですが、このエイリアンの形はほとんど変わってません、これだけで凄さが伝わって来ますね。

個人的に1番は2作目です。ストーリーの流れや展開が好きですね。

主人公「リプリー」を演じている「シガニー・ウィーバー」が唯一自分のポリシーを曲げて“銃を撃つ”というシーンがある作品です。

1作目でも銃は持ってますが、発砲はしてません。モリのようなものは撃ってますが…

3作目もあえて武器が無い設定になっているのはシガニー・ウィーバーの意思を汲んでるんじゃないかなと個人的には思っています。

いろいろ書きたい事がありますが、ネタバレも含んでしまうので、別の投稿でまとめてみたいと思います。

SF好きな方には是非とも観て頂きたいシリーズですね。

気になった方は観てみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事