【映画】スーパーマンシリーズのレビュー!あらすじと感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は2分で読めます

初めて映画化されたアメコミヒーローです。

不意に観たくなり、全作大人借りしました。

子供の頃観たきりだったんですが、今観ても十分面白かったです。

「スーパーマン」シリーズレビュー

監督:リチャード・ドナー
脚本:マリオ・プーゾ
公開:1-1979年 2-1981年 3-1983年 4-1987年
出演者:クリストファー・リーヴ/ジーン・ハックマン/マーゴッド・キダー

あらすじ

太陽系の遥か遠くの銀河系にあるクリプトン星
その惑星はもうすぐ消滅しようとしていた。

その星の科学者である「ジョー=エル」は息子である「カル=エル」を消滅の前に地球へと送った。

地球に着いたカル=エルは偶然その場に居合わせたケント夫婦に引き取られ「クラーク・ケント」として育てられる事に。

クリプトン星人は太陽のエネルギーを受けて超人的な能力を発揮する事ができる。

ケント夫婦はその事に気付いていたが、普通の地球人として育て、やがて少年は青年となった。

ある日、クラークは自分の存在する意味を探すために育った家を離れ旅に出る。

北極でクリプトン星の遺跡を見つけ、そこで地球人を導くよう教えられ、クラークは新聞記者として働きながら、スーパーマンとして人々を助け始めた。

感想

映像は古くて、もちろん技術も今ほどでは無いですが。

面白い!

内容も結構覚えていて「懐かしーなー」と当時の記憶を思い出しながら観てました。

やっぱり、スーパーマンです。やる事が半端じゃ無い!もうムチャクチャです、なんでも出来ます!

一回観たはずなのに驚きの連続!

悪役の「レックス・ルーサー」を演じるジーン・ハックマンもはまり役ですね。

個人的にジーン・ハックマンはこの役のイメージしか無いです。

全部で4作ありますが、どれも十分楽しめます。

4はツッコミどころが満載でしたけど..

主演のクリストファー・リーブ、彼も最高にはまり役です。

スーパーマンでは無い、クラークの時の親近感は半端ないです。

今観ても十分楽しめる作品だと思います。

興味のある方は観てみて下さい。

スーパーマングッズをいまズグチェック!【楽天市場】

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事