【映画】「グリーン・ランタン」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は2分で読めます

ライアン・レイノルズが緑のヒーローになる話であり、後に奥さんとなるブレイク・ライブリーとの共演作です。

CG満載のヒーロー映画で、まあ普通に面白いですよ。

「グリーン・ランタン」レビュー!

監督:マーティン・キャンベル
脚本:グレッグ・バーランティ
公開:2011年
出演者:ライアン・レイノルズ/ブレイク・ライブリー

あらすじ

その世界には宇宙の平和を守るために”意志の力”で戦うグリーンランタン・コアがあったその昔「パララックス」という”恐怖の力”で宇宙を荒らしていた敵をコアの1人である「アビン・サー」がある惑星に封印する事に成功、彼は英雄と称えられ賞賛を浴びる。

しかし、ある日パララックスが封印された惑星にある宇宙船が不時着、その乗組員が誤ってパララックスの封印を解いてしまう。

再び宇宙に放たれたパララックスが最初に行った先は、アビン・サーの宇宙船。
アビン・サーは不意をつかれ致命傷を負ってしまい、自分の命が尽きる事を悟る。

自分の後継者を探す為に近くの惑星に不時着する。

一方地球では戦闘機のテストパイロットである「ハル・ジョーダン」が相棒の「キャロル・フェリス」と共に新型無人戦闘機との戦闘テストを行っていた。

ハルは怖いもの知らずで、無茶な戦法で無人戦闘機に勝つものの、自機も墜落させてしまう。

そのおかげで空軍からの資金提供の話も怪しくなり、落ち込んで帰っている時に突然緑の光がハルを包み150km先の海岸へ飛ばされる。

そこで見たのは、瀕死の宇宙人アビン・サーだった、アビンはハルが後継者だと言い残し死んでしまう。

訳も分からず力を手にしたハルは混乱してしまうが、パララックスの魔の手は地球にも迫っていた‥

感想

アメコミからの映画化作品ですね。

ちょっと設定がややこしいですが、(あらすじを書くのに苦労しまた)ヒーローに選ばれた男が悪と戦うシンプルなストーリーです。

能力は便利だなと思いますが、いかんせんコスチュームが…Mr.インクレディブルかと思った。

ビアン・サーの顔が怖いのも置いといてブレイク・ライブリーの綺麗さで大分まかなえてますね。

興味のある方はどうぞ。

関連記事
「ブレイク・ライブリー」のプロフィールと出演映画の紹介!

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016 05.24

    アルマゲドン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事