【映画】「運命のボタン」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は2分で読めます

キャメロン・ディアス主演のミステリー映画です。

ストーリーに惹かれて観賞してみました。

謎がたくさんあるので、結構面白かったですよ。


スポンサードリンク

「運命のボタン」レビュー!

監督:リチャード・ケリー
脚本:リチャード・ケリー
公開:2010年
主演:キャメロン・ディアス/ジェームス・マースデン

あらすじ

舞台はアメリカのごく普通の家庭ルイス一家、NASに勤める夫の「アーサー」教師の妻「ノーマ」一人息子で小学生の「ウォルター」

ある日の早朝玄関のベルが鳴りノーマがのぞき窓を見ると一台の黒い車が走り去り、玄関の外にはが一つ置かれていた。

箱を開けてみるとボタンが付いた箱と「シュチュアートが午後5時にお伺いします。」と書かれた手紙が入っていた。

意味が分からない一家はそのまま置いておく事に。

午後5時、ノーマが一人家にいる時にシュチュアートが訪ねて来る、まったくの初対面である彼はこう口にする「このボタンを押せば一家の知らない世界中の誰かが死にます。しかし100万ドルを手に入れる事が出来る。」

にわかに信じられないノーマにシュチュアートは続ける、「支払条件は、支払い主の事を一切聞かない事、ルイス一家以外の者には口外しない事、猶予は24時間以内」そう言い残すとシュチュアートは去って行った。

アーサーが帰って来るとノーマは相談するが、アーサーは誰かの冗談だろうと信用しない、しかしルイス家は実際経済的に厳しい状態、ノーマはお金が欲しいが人が死ぬと言われ迷っていた。

シュチュアートの言っている事は本当なのか?

果たして二人はボタンを押してしまうのか…

感想

世にも奇妙な物語に出てきそうなシュチュエーションですが、この作品はちょっと違います。

途中まではは怖い映画だなと思っていましたが、内容が分かって来ると「なるほど、そうゆう事か。」と納得して観れました。

正直この記事のカテゴリーをどうしようか迷いました。
ミステリーとしてありますが、もう一つ該当するカテゴリーがあるんですよね。

ガッツリのミステリーを期待して観るとちょっと違うのかな?と思います。

僕は、ガッツリのミステリーのつもりで見たんですけど、途中で「そっちかー!」と思ってしまいました。
でも、面白かったですよ。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事