【映画】「ニューヨークの恋人」レビュー!あらすじや感想を紹介!

この記事は2分で読めます

メグ・ライアンとヒュー・ジャックマン共演のラブコメファンタジー映画です。

普通におもしろいですよ。

僕の好きな「リーブ・シュレイバー」も出演しています。


スポンサードリンク

「ニューヨークの恋人」レビュー!

監督:ジェームズ・マンゴールド
脚本:ジェームズ・マンゴールド
公開:2002年
主演:メグ・ライアン/ヒュー・ジャックマン/リーブ・シュレイバー

あらすじ

ヒュー・ジャックマン演じる「レオポルド」彼は1876年の貴族、後にエレベーターを発明するエンジニアでもある。

その日、彼は初めて会う人と婚約の発表をする予定だったが、パーティーの席で怪しい男を発見し跡を追う。

男は逃げ、建設途中の橋の上から飛び降りようとしていた。レオポルドは助けようとしたが、男諸共落ちてしまう。

目が覚めたレオポルドは見慣れない景色に戸惑う。

一緒に落ちた男は現代(多分2002年)に生きる人間「シュチュアート」、彼は時間の亀裂でタイムスリップする方法を発見していた。

そして、過去のレオポルドを連れて来てしまったのだ。

騒動に気付いた下の部屋に住むメグ・ライアン演じる「ケイト・マッケイ」はシュチュアートの元カノで別れて間もない、本当の事を話すが、ケイトは信用せず‥

1週間後また亀裂が発生する事が分かっていたシュチュアートはその時に過去に返そうと思い、それまでは一歩も外へ出ないよう見張るつもりだったが、エレベーターで事故に遭い病院へ。

仕方なくレオポルドの面倒を見る事になったケイト、最初は過去から来たと言っているレオポルドを敬遠していたが、だんだん彼の魅力に気付いていきお互いに惹かれ合って行く‥

感想

メグ・ライアンとヒュー・ジャックマンの共演作品ですね。2人とも若い!

安心して観る事が出来るラブストーリーです。

レオポルドの超紳士的対応は真似出来ませんね。

シュチュアート役のリーヴ・シュレイバー。

彼は色んな作品でよく見ますが、結構悪役が多いイメージなので、今回の様ないい人役は珍しいなと思って観てました。

こういう役もいい感じですね。

しかし、あんな結末になるとは結構予想外でしたね。

気になる方はどうぞ観てみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事