【映画】「シティ・オブ・エンジェル」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は2分で読めます

メグ・ライアンとニコラス・ケイジ共演の映画です。

映画も面白いんですが、使われている楽曲が大好きな映画でもあります。

「シティ・オブ・エンジェル」レビュー!

監督:ブラッド・シルバーリング
脚本:ダナ・スティーヴンス
公開:1998年
出演者:ニコラス・ケイジ/メグ・ライアン

あらすじ

この世には天使がいる、彼らの使命は死者の魂を天国へと導く事。

天使は感情や感覚が無く、人間には見えない存在で日々神様からの使命を全うする存在である。

ある日、天使の1人「セス」は病院へ魂を迎えに行った時に女医の「マギー」に出会い、今まで抱いた事の無い感情が沸き起こって来た。

マギーはセスの迎えに来た患者を救えなかった事を悔やみ落ち込み、そんな彼女をセスはずっと見守り、なぜ自分にこんな感情が生まれたのか考えていた。

それからセスは度々マギーに会いに病院を訪れるようになり、セスはマギーに触れたい、一緒にいたいと思い描くようになった。

セスはマギーに姿を見せるようになり、知り合っていきよく合うようになった。

マギーも徐々にセスに惹かれていくが、セスには叶わぬ恋だと分かっていた。

そんなある日、マギーが新しく担当になった患者はセスの存在を知っていた。

彼の名は「メッシンジャー」彼は自分は元天使だと言い始める、そして天使という存在を捨て、人間になる方法をセスに教える。

そして、セスは覚悟を決め…

感想

かなり切ない映画となっており。

観終わったあともどかしい気持ちになります。

しかし、この作品には個人的に思入れのある作品です。
何故なら、素晴らしい音楽に出会えたからです。

この映画に使われている曲は凄く好きで、グーグードールズの「アイリス」、サラマクラクランの「エンジェル」、ポーラ・コールの「I Don’t Want to Wait」この3曲は今でも聴いています。

これらの音楽に出会えただけでも観た価値はありましたね。

下の方に3曲の動画を貼っておくので是非聞いてみて下さい。

映画の方も気になる方はどうぞ。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

関連記事
「ニコラス・ケイジ」のプロフィールと出演映画の紹介!


グーグードールズ「アイリス」


サラマクラクラン「エンジェル」


ポーラコール「I Don’t Want to Wait」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事