【映画】「パーフェクトワールド」レビュー!あらすじや感想を紹介!

この記事は1分で読めます

クリント・イーストウッド監督でケビン・コスナーとダブル主演の映画です。

個人的には凄く思入れのある映画なんで何度も観てます。

当然面白いので、おすすめの一本です!

大分感動しますよ。

「パーフェクトワールド」レビュー!

監督:クリント・イーストウッド
脚本:ジョン・リー・ハンコック
公開:1993年
主演:ケビン・コスナー/クリント・イーストウッド

あらすじ

1963年アメリカ テキサス州の刑務所から「ブッチ」「テリー」2人の囚人が脱獄する。

ブッチは10代で少年院に入りその後何度か刑務所入っていた。一方テリーは楽しんで殺人を犯すような人間で、ブッチはテリーの事が気にくわなかった。

彼らは逃走中に一軒の民家で8歳の「フィリップ」を人質として誘拐し再び逃走。

脱獄が発覚し警察署長の「レッド」が追跡に乗り出す、そこへ州知事から派遣された犯罪心理学者の「サリー」が同行する事に。

逃走を続けるブッチ達は一軒の店に寄る、フィリップとテリーは車で待っていたが、テリーはフィリップに危害を加えようとする。それを見たブッチはテリーを殺害、そして2人での逃走になる。

そしてブッチとフィリップ、2人の間にはいつしか絆が出来てゆく。

感想

僕が初めて観たのは確か中学の時だったと思います。生まれて初めて泣いた映画です。

あれから何度か見ましたが何度観ても泣ける、いい作品です。

この映画を観た後は歯がゆい気持ちが残ります。そして色々考えさせられる事も。

昔観た映画をもう一度観るのはなかなかオススメですね。見方が変わります。

ケビン・コスナー演じる「ブッチ」の悪人だけど極悪ではない感じが好きですね。

オススメ映画の一つです。

よかったらどうぞ、観てみて下さい。

関連記事
「ケビン・コスナー」のプロフィールと出演映画の紹介!

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事