【映画】「21g」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は1分で読めます

今回は、ドラマ映画の「21g」です。

興味深い内容ですが、重い映画ですね。


スポンサードリンク

「21g」レビュー!

監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ
脚本:ギレルモ・アリアガ
公開:2004年
主演:ショーン・ペン/ナオミ・ワッツ/ベニチオ・デル・トロ

あらすじ

前科があるが敬虔なクリスチャンである「ジャック」、重度の心臓病で余命一ヶ月の「ポール」、夫と2人の娘と暮らす「クリスティーナ」全く関わりの無かった3人の人生が交差する。

感想

1907年にアメリカのお医者さんが人間は死ぬ瞬間に21g軽くなり、それが魂の重さだ。という自身の実験結果で発表したようです。

それを元に作られた作品ですね。

この実験は不確定な要素が多くあり、信憑性はあまりないようですが、興味深い事ではあると思います。

とても複雑な映画ですが、あらすじの前情報としてはこれだけでいいと思います。

ナオミ・ワッツの演技が凄すぎて引き込まれてしまいますが。

全体が見えてくるのは始まって1時間ぐらいからです、それまでは何が何だかわかりません。
「メメント」に近い感じのする映画ですね。

テーマとしてはとても重いテーマで、いろいろ考えさせられる作品ですね。

数人の男女の人生が絡み合い「命とは?」「運命とは?」を追い求めて行く。

それが制作者の意図ではないかなと思います。

興味のある方は観てみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

予告編


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事