【映画】「バリー・シール/アメリカをはめた男」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は1分で読めます

今回は、トム・クルーズ主演で実話を基にした映画「バリー・シール/アメリカをはめた男」です。

やっと鑑賞する事が出来ました。

壮絶な人生を送った人ですね。


スポンサードリンク

「バリー・シール/アメリカをはめた男」レビュー!

監督:ダグ・リーマン
脚本:ゲイリー・スピネッリ
公開:2017年
出演者:トム・クルーズ/ドーナル・グリーソン/サラ・ライト

あらすじ

大手航空会社でパイロットを勤める「バリー・シール」はその技術を買われCIAからオファーで偵察写真の撮影を始めた。

CIAの運び屋としても仕事をこなしていたシールの元に麻薬カルテルからアメリカ国内への麻薬の運び屋を依頼されその仕事も受ける事に。

そしてシールはCIAと麻薬の運び屋、両方の仕事で莫大な金を手にするのだが…

感想

こんな事をやっていた人が存在するなんて本当に驚きです。

かなり頭が良くないとこんな事は出来ないですよね。

バリー・シールという人物は相当切れ者で度胸もかなりあったんだろうなと想像します。

それにしてもあんな事をしながら最終的にアレで済むなんて、バックで大きな力が動いていたんでしょうか?

そしてとにかく桁外れのお金の稼ぎようは半端ないですね。

総額いくらか分かりませんが、きっと宝くじなんか目じゃないでしょう!

とんでもない人物がいるもんですね。

気になった方は観てみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事