【映画】「π」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は1分で読めます

今回は、ドラマ映画の「π」です。

πとは当然円周率の事ですが、僕自決して賢くはないですが、興味のあるジャンルなので鑑賞してみました。

率直な感想は「難解!」という一言です!


スポンサードリンク

「π」レビュー!

監督: ダーレン・アノロフスキー
脚本:ダーレン・アノロフスキー
公開:1999年
出演者:ショーン・ガレット

あらすじ

驚異的なIQを持つ「マックス・コーエン」は数学者で世界で起こっている全ての事は数字に置き換えて理解出来ると信じていた。

そして「π」について研究を重ねていたマックスはある216桁の数字にたどり着く…

感想

冒頭でも書きましたが、とにかく難解です。というか訳が分からないというのが本音。

あえてのモノクロ映画なんですが、それが奇妙なストーリーと相性が良くて捉え方によってはホラー映画です。

以前ジム・キャリー主演の「ナンバー23」という映画のレビューを書いてますが、数字というのは凄く気になるんです!それは偶然かも知れないんですけど、何か意味があるように捉えてしまう事があるんですよね。

この映画はそれをとことん追求していったというのが事なんでしょうか?

すみませんが、僕自身がこの映画を理解出来なかったので上手く説明出来ないんですが、とにかく「難解!」の一言です。

ただ、難しいストーリーとモノクロという映画なんですが、音楽がカッコイイ!

ある意味映画と合って無いと思うんですけどオープニングからのテクノ音楽がカッコイイです。

主人公を演じているショーン・ガレットってちょっとジョン・キューザックに似てるな..

えーと、僕がこの映画について書ける事はこれで全部です。

気になった方は観てみて下さい。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016 09.20

    ルーム

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事