【映画】「ギルバート・グレイプ」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は1分で読めます

今回はジョニー・デップとレオナルド・デカプリオの共演作品「ギルバート・グレイプ」です。

今や大スターの2人が共演している贅沢な映画で、デカプリオが注目を集めた作品。

それは本当に納得です。

映画自体も人間ドラマが面白い作品ですね。


スポンサードリンク

「ギルバート・グレイプ」レビュー!

監督:ラッセ・ハルストレム
脚本:ピーター・レッジス
公開:1994年
出演者:ジョニー・デップ/レオナルド・デカプリオ/ジュリエット・ルイス

あらすじ

アメリカ、アイオワ州のとある田舎町で「ギルバート」は障害を持った弟「アーニー」、姉と妹、夫の死から過食症になり家から出なくなった母親と暮らしていた。

様々な問題や悩みを抱えながらギルバートは自分の生き方や家族について考え生きていた…

感想

まず、最初にデカプリオの演技が半端ない!

アカデミー賞にノミネートされるのも納得ですね。

そしてジョニー演じるギルバートや、周囲の人達の想いなどがひしひしと伝わってくる映画ですね。

微笑ましい場面も、考え込んでしまう場面も、感動してしまう場面もあって、いい映画だなと思います。

若かりし頃の2人をお楽しみ下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016 09.20

    ルーム

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事